塾を開業して経営をするヒント|オーナーになる方法

男女

場所を慎重に選ぶ

店舗

適切な場所選びを行う

売上を伸ばすためには製品やサービスをよく知ってもらうことが大切です。あまり知名度のない企業だったとしても、良い商品を提供していればいずれは結果が出る可能性はあります。しかし、結果が出ないまま終わってしまったり、長い時間を要したりといった状況になると、企業経営に影響を及ぼすことになります。たとえば、店舗の場所は顧客目線で考えることが大切です。来店するのに時間がかかったり、交通機関が少なかったりといった場所で店舗開業を行ったとしても、十分な顧客を呼び込むのは難しいです。しかし、駅前や人口の多い地域に店舗開業と行うとなれば、賃貸の料金や土地、建物の取得費用でかなりの出費を伴うことになります。まだ実績が少ない状況でいきなり土地や建物を取得するというのはリスクが高いため、まずは賃貸で店舗開業を行うことをおすすめします。賃貸であっても料金を支払うことにはなりますが、他に良い場所が見つかった場合に移転しやすいため、非常に身軽です。その後、利益を出せるようになれば資金に余裕が生まれる他、金融機関から融資を受けやすくなるので、この際に自社物件という形で店舗開業を行うべきです。初めての店舗開業であれば資金が乏しい状況なので、駅前や人口の多い地域では家賃が高いため、利用し辛いです。ただし、非常に安い場所は交通手段が少なく、店舗の周りに何もない状況が考えられます。そのため、家賃や交通手段、店舗周りの施設などを含めて慎重に判断することが大切です。