塾を開業して経営をするヒント|オーナーになる方法

ウーマン

場所を慎重に選ぶ

店舗開業を検討している場合に重要なのが場所です。不便な場所は来店する顧客が少なく、駅前や人口の多い地域は家賃や土地、建物の取得費用が高いです。そのため、家賃や交通手段、店舗周りの施設などを含め、慎重に店舗開業の場所を決めることが大切です。

レジ

導入コストリスクをみる

posレジは価格が効果になります。導入前にコストパフォーマンスを理解したうえで購入することをおすすめします。専用機や接続型のシステム、そしてタブレット型など種類も価格も様々です。自分の店に見合った製品を選ぶことが大事です。

お店

店舗を借りるには

貸店舗を探していくには、一般の賃貸物件と同じように不動産屋を利用していくことができます。その際に、人通りが確認できるように立地に配慮した貸店舗を探していく必要があります。大阪にある貸店舗は、ほとんどが看板や内装がそのままにされているので、工事のことも考えておかなければいけません。

自分で仕事しつつ経営する

教師

独立するに際して

学習塾を開業する人の多くは、それまで他の塾で講師として勤務をしていた人です。学校の教師と違い、学習塾の先生は仕事に就くに際して資格が必要ないので、誰でもすぐに塾を開業することが可能です。しかし、実績のない先生の下に生徒は集まらないので、まず大手塾で働いて経験を積んでから開業をするのが普通です。開業にあたっては、設立する地域をしっかり調べておくべきです。具体的には、その地域の教育熱とライバル塾の存在です。教育に力を入れている家庭の多さは、地域によってかなり異なります。一方で、教育熱が高くすでに塾が乱立している地域は、過当競争で共倒れになるリスクもあります。両者のバランスを考えた地域を選ぶことが大切です。スタッフは、最初のうちは人件費を削減するために少人数で行なうべきです。経営が軌道に乗ればすぐに増員できるので、最初のうちにスタッフを揃えすぎることは要注意です。大手塾の講師ならば、単に生徒に授業を行なうだけの仕事で給料がもらえます。しかし、独立開業するとなると話は別です。塾の宣伝や親からの相談や面接も自分でしなければなりません。他人の質問に対して上手く対応できるコミュニケーション力と誠実さも重要です。学習塾を開業するだけなら簡単ですが、経営として成功するのは簡単ではありません。上記の点を特に注意して、開業する前にあらゆるシュミレーションを想定して対応策を考える準備活動をまずは行いましょう。